いざという時には

京都は宿泊施設が多いです。ホテルの数は余裕で100はあるでしょう。ですので、京都で宿泊施設に困るという事はそうそうないはずです。京都駅周辺には様々なホテルがありますしまた、町全体が観光地といっても過言ではないのが京都ですので、京都駅周辺、更には祇園四条付近などには数多くのホテルを確認する事が出来るのです。しかし、そうしたホテルというのは当然ですが事前の予約が必要になってきます。ですので、何も考えずに京都に来た…となると宿泊施設の問題と戦わなければならないのです。しかし、この問題はそこまで大きな問題ではないでしょうね。というのも、京都のホテルは本当に数多く存在しますので、「ホテルが無い」という事態にはそうそうならないはずです。しかし、これが唯一異なる季節があります。それは秋です。実は京都は秋が旅行のトップシーズンですので、秋は平日であっても、どのホテルも盛況なのです。そのため、秋に京都のホテルにいきなりおしかけても宿泊できる保障はありません。むしろ、「満室なんで…」と断られるのが関の山です。そもそもホテルを予約しないで旅行をするという人はそうそういないでしょうが、最近ではバックパッカー的な旅行も流行っていますので、そのような人は京都でどうすれば良いのでしょうか。いくつものホテルを直撃して空きが無いか確認する…しかないのでしょうか。まさか野宿というわけにはいきませんよね。確かに京都はお寺が多いですから、その気になれば野宿も可能なように見えるかもしれませんが、お寺は所有者が居ますので、無断で立ち入るのは本来は許されていません。ですので、それを考えると京都は以外と野宿出来るポイントが少なかったりするのです。
しかしこの問題、実はそこまで大きな問題ではなかったりします。というのは京都は観光地ですが、繁華街でもありますので、様々な施設が京都にはあるのです。その中には漫画喫茶やスパもたくさんあるのです。ですので、そうした施設を利用するのも悪くはないですよね。スパやサウナなどであれば、ホテル顔負けの設備ですし、何よりホテルより安価に宿泊する事が可能です。ホテルよりも大きなお風呂、豪華なお風呂が待ち受けてくれていますので、場合によってはスパなどの施設の方が良いというケースもあるかもしれません。一方の漫画喫茶は寝心地という点では微妙かもしれませんが、最近ではシャワーが付いている漫画喫茶も多いですし、何よりとても安価です。それでいて最近は個室タイプの漫画喫茶が主流ですし、携帯電話等の充電も行えますので、そうした点を考慮しても、漫画喫茶という選択肢は決して悪いものではないのではないでしょうか。特に京都の繁華街には漫画喫茶がたくさんありますので、バックパッカーなどにとっては安価ですし、自分の好きな時間だけ入れる訳です。始発まで居る…という事も可能なのが漫画喫茶ですので、京都の宿泊事情は、そこまで切実でシビアなものではないと言えるのではないでしょうか。特にスパやサウナなんかは充実した施設となっていますし、予約も不要ですので、いざとなればそうした施設に駆け込めば良いのです。