京都は歴史の街

京都は歴史のある街です。今でこそ日本の首都は東京となっていますが、その歴史はまだまだ150年に満たない短いものです。しかし、京都の歴史、それはとても長いものがあるのです。ですから、京都には様々な歴史が凝縮されているのです。時代時代の遺構、それは歴史マニアならずともとても楽しいものがあるのではないでしょうか。平安時代のお寺の隣に戦国時代所縁のものがある…そのような場所というのは全国の中でも京都だけを言えるのではないでしょうか。それは昔から京都が我が国の中心として栄えていたからだと言えるでしょう。ですので、京都を楽しむためには歴史の知識を持つ事が大事なのです。歴史を知らなくても京都を楽しむ事が出来るのですが、歴史を知る事で、何気なくたたずんでいる京都の施設の、「実はこれは…」といったエピソードを歴史的にも楽しむ事が出来てしまうのです。そしてそのような施設は一つや二つではありません。とても多く存在しますので、京都を楽しむ上で歴史の知識を深めてくるのは、もはや常識なのかもしれません。
ですので、京都を楽しむためにはまずは京都の歴史を調べておく、これは常識と言えるかもしれませんね。せっかくの京都です。より深く堪能したいと思うのは当然ですし、何よりどうせならより楽しみたいと思うのは当然ですよね。なにも教科書を熟読しろという話ではありません。ほんの少しだけでも知っておけばより楽しめるという事ですので、京都に所縁のある歴史くらいは知っておくべきと言えるのではないでしょうか。全ての歴史を知っている事が京都を更に深く楽しめるものなのですが、それは現実的に難しいですから、せめて自分が足を運ぼうと思っている場所の歴史くらいは知っておくべきといえるかもしれません。京都は歴史のある地域ですので、「特に何もないだろう…」と思うようなものにですら歴史があるのです。その歴史を知り、そして実際に目の当たりにするその感動は、必ずとても大きなものとなるはずですから。

私は、高卒認定試験の通信制高校を卒業しました。